戸建て住宅のリフォームにかかる費用はどれくらい?

>

家を作り直すための方法とは

屋根のリフォーム費用の相場について

太陽の光を浴び続けることは大きな負担となりますので、住宅の屋根は時間とともに劣化してしまいます。
定期的に塗装工事を行うなど、きちんとメンテナンスをしておかないと雨漏りなどの原因となり住宅を長持ちさせることが難しくなってしまうのです。

屋根のリフォームにかかる費用の相場を見てみると塗装工事なら25~40万円ほど、さらに雨樋の補修工事が必要な場合は1メートルあたり3千円ぐらいが必要になるようです。
瓦の耐久年数は50~100年だと言われていますが、その間にも約15年ぐらいのペースで漆喰の点検が必要になるといいます。
一部分が剥がれてしまったような漆喰を補修するためには足場代を入れて30~80万円ぐらいが必要になるようですし、先代から受け継いだ家屋であれば瓦自体を交換することもあるでしょうから屋根の大きさなどによって30~100万円ほどの費用が必要になるといいます。

風雨にさらされる外壁の塗装工事の相場

外壁塗装工事の費用は、建物の大きさや塗料の種類などに左右されてくるといいます。

たとえば30坪2階建てのサイディングボードの住宅でシリコン系塗料を使用して外壁塗装を行うのであれば、足場や高圧洗浄などにかかる費用を合計したとしても100万円には満たないといいます。
塗料の種類別に見てみるとラジカルの相場はシリコンと同程度で、フッ素はこれよりも高くなってくるといいます。
あとはウレタン、アクリルと徐々に相場は下がっていくものだと考えていいでしょう。

外壁塗装だけを行った場合の相場は60~90万円だといいますが、屋根塗装と同時に行えば足場代などを節約することができるので60~120万円が一般的な相場になるといいます。
どうせなら、この2つをセットで行うことをおすすめしたいと思います。


Share