戸建て住宅のリフォームにかかる費用はどれくらい?

>

快適な居住空間を目指すためのリノベーション

生活形態に合わせたリノベーション

中古の戸建て住宅を購入してリノベーションをするという場合の費用相場は500~600万円だといいます。
リノベーションですべての希望を叶えようと思ったらアッという間に費用はかさんでしまい、新築ではなく中古住宅にした意味がなくなってしまうかもしれませんので優先順位を決めておくことが大切です。

その時々の生活スタイルに合わせてリノベーションするということもあるでしょう。
住人が増えたり減ったりしたという時には増改築のリノベーションをすることが考えられ、その相場は750~1000万円だと言われています。
また、高齢になった両親との同居を始めるために二世帯住宅へのリノベーションをするというのなら1000~1250万円の工事費用が一般的だといいます。

快適に生活するためのリノベーション

何のためにどのようなリノベーションをしたいのかという希望をはっきりさせておけば無駄を省くことができるといいます。
予算内で納得のいくリノベーションを行うためには、相場を調べて計画性を持って行っていくことが大切なのです。

たとえば間取りを変更するためのリノベーションの場合、開放的な空間を作り出すために壁を取り除く作業なら10~70万円、1つの部屋を仕切って別々の用途で使用できるようにするため壁を設けるのであれば数万円~30万円ぐらいが必要になるといいます。
また和室だった寝室を洋室にしてベッドを置くようにすれば、歳を重ねてからも寝起きが楽になるかもしれません。
そういった場合に畳をフローリングへと変更するのであれば15~25万円が相場だといわれ、同時に床暖房の設備を導入したとすると電気式なら90万円ほど、温水式なら120万円ほどの費用がかかるようです。


Share